本日 174 人 - 昨日 229 人 - 累計 102412 人

警報

前回ブログの話しを引っ張るようですが、インフルエンザが全国的に大流行し、和歌山にも警報が発せられたらしいです。「インフルエンザ警報」などマスコミの作った言葉かと思いきや、厚生労働省が使用する正式名称というから、私も無知だったものです。悪天候の警報はよく聞きますが、 “病気の警報”まであるとは知りませんでした。

言われてみれば、先週の当会の各4道場、いずれもインフルエンザ罹患により欠席者がありました。時間的にも私がうつしたものではないでしょうが、2月のまだまだ寒い日が続くこの時期、今しばらくはインフルエンザの欠席者が少なくない日が続きそうです。

毎年、各道場で欠席のない皆勤賞に盾を贈っておりますが、インフルエンザの欠席の場合、出席率算定の分母から除外しますので、皆勤賞を狙っている場合も安心して(?)、しっかり休んでもらいたいと思います。

なお、主宰者の私の事情であり、道場生や父兄の方には関係ない話しでありますが、当会の練習場所に利用している公共施設、いずれも天候の警報発令のとき、練習中止でもキャンセル料はかかりません。というより、中止にするように勧奨されます。しかし、「インフルエンザ警報」の発令による練習中止の場合、キャンセル料は通常通りかかります。先日、私がインフルエンザで練習中止にした各日、後日全額徴収されたのは言うまでもありません(笑)。

CIMG8617aCIMG8618a
1月31日 和歌浦道場 早いものでもう1月もこの日で終わり


CIMG8630aCIMG8633a
2月2日 河南道場 次の日は節分「鬼は外」ばりの強い蹴りができるかな

前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):