本日 79 人 - 昨日 97 人 - 累計 56060 人 サイトマップ

安全対策

今年の2月から3月末で4道場合わせて10名の道場生が去っていきました。随分な人数が減ったわけですが、「春は別れの季節であり、出会いの季節でもある」といいますか、4月から6月にかけてこれも4道場合わせて20余名の人に新規入会をいただきました。

市内の数多い習い事、武道、数多い空手団体の中で当会を選んでいただいたことに感謝申し上げると同時に、他人様の大切な子どもさんを預からせていただく責任も痛感しております。まずはスポーツという性質上、安全第一を念頭に、現在籍の道場生の皆さん方ともどもしっかりと指導していきますので今後とも宜しくお願い致します。

さて、その「安全第一」ですが、当会では真夏の熱中症対策として例年7月8月は練習場所を冷房機器のある施設を選んでおり、河南道場と河西道場は全ての練習日冷房機器のある場所が取れそうです。和歌浦道場と中央道場は競合上またはイベントの関係で取れない日が1~2日あり、その日はハードではなく、緩めの練習をしたいと思います。

ここ数日そう暑くない日が続いていましたが、一転、最高気温が32度の猛暑となった7月1日、絶好のタイミングのように「場所移動の初日」を迎えました。

画像画像画像
7月1日午前中 河西道場 
何と初日早々、天井のエアコンから水漏れのアクシデント!床がビショビショに…。
職員さんを呼んで対応、8分間中断しました。バケツを置いているのはそのためであります。

画像画像画像
7月1日夜 和歌浦道場 
日本指折りの人気の美しい海水浴場・片男波に隣接するこの施設。
但し、「美しい」と思うだけではなく、万一の地震津波襲来時の逃げ場所の山も確認済みです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
タグ: 練習場所

前の記事 次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):