本日 68 人 - 昨日 132 人 - 累計 144396 人

後ろ廻し蹴り

先週は各道場で後ろ廻し蹴りの練習をしました。難易度の高い蹴りですので、この蹴りのポイントの復習をしておきたいと思います。久々のブログ上の実技講座でもあります。「大は小を兼ねる」ということわざがありますが、こと、空手の蹴りについては“上は中を兼ねる”と言われます。つまり上段を蹴れれば中段も蹴れるということです。よって、ここでは上段後ろ廻し蹴りの連続写真で説明します。
CIMG8782aCIMG8787aCIMG8789aCIMG8793a
左足前のオーソドックスの組手の構えから、左手でフェイントをかけながら、左前足を右45度斜め前にステップイン。この左足が蹴る時の軸足になります。左手のガードは下げないように注意して、右肘を脇を締めたまま腰を切りかえて…。
CIMG8812aCIMG8813aCIMG8815aCIMG8817a
ここは右肘のリードが最重要!グイッと右肘を背骨に巻きつけるようにしていきますが、蹴り足の右足はしっかりタメて我慢できるギリギリまで動かさず、回転に合わせて右足を廻します。
CIMG8821aCIMG8822aCIMG8823aCIMG8824a
ここでどこを蹴るかの高さを調整します。写真では上段で、相手の側頭部または顎狙いですが、中段では相手の右脇腹レバー狙いとなります。いずれにしてもカカトが当てる部位であり、当てる少し前に膝を曲げれば、勢いがついて威力は倍増します。
CIMG8825aCIMG8826aCIMG8830aCIMG8835a
刈りきるように、弧を描くように廻す蹴りをして右足の着地のときバランスを崩さないようにします。

以上ですが、いかがでしょう。但し書きになりますが、後ろ廻し蹴りができるようになるには、その前提として廻し蹴りが正しくできることです。こうやって、徐々に技のレパートリーを増やしていきましょう!

タグ: 実技
コメント
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):