本日 174 人 - 昨日 151 人 - 累計 80650 人

水分補給

2018年07月15日
熱中症になる原因の一つに水分補給不足があると言われます。高齢者の方が室内にもかかわらず熱中症で倒れるのは、喉が乾く感覚が加齢によって弱くなってきてこまめな水分補給をしないことが多いらしいです。

空手をしている我々はどうかと言いますと、運動をしますと汗をかきます。汗をかけば当然体内から水分が放出されているわけでして、喉の渇きにかかわらず「水分補給」をしなければいけないのは年齢は関係ないと思います。よって、当会では練習の休憩時間のインターバルに必ず水分補給するように指導しています。

そして、これは好みにもよるかもしれませんが、私は夏でも常温または温かい飲み物を摂るようにしています(このことは道場生には強要しませんし、できません。)。それは、冷たい水や炭酸水で水分補給をすると、すぐに喉の渇きが癒えてしまって水分補給が不十分となる恐れがあり、かと言って冷たいものを多く飲むとお腹に不調をきたすことが往々にしてあるからであります。

でもって、先週、私は昼間の仕事中、街中で喉が乾いて水分補給しようとしても自動販売機は当然冷えたものばかり。コンビニに入っても、「常温のは置いていません」と素っ気なく言われる始末。『常温のはスーパーに行くしかないのかよ!』と内心少しムカッとしつつ、隣接のスーパーに行くと売り場に常温のがあり、自販機では130円の缶コーヒーが半額で買えて、スグに気分が良くなった自分がいたのでした(笑)。

さて、先週、予想されたことではありましたが、未曾有の大雨の後に待っていたのはやはり猛暑の到来でした。

CIMG6625aCIMG6626aCIMG6627a
7月11日 中央道場 
この日から全館冷房使用。ミット練習も先週の2倍はできました。

CIMG6634aCIMG6638aCIMG6639a
7月12日 河南道場 
木曜日の毎年夏の練習場所にこの部屋を使用していましたが、
少し狭くなってきましたので、来週から広めの部屋利用で練習を行います。

CIMG6683aCIMG6688aCIMG6689a
7月14日午前中 河西道場 
この日、36度の猛暑日。色んな事情が重なり冷房の部屋が使用できず。
自由組手はできませんでしたが動きの正確さをチェックさせてもらいました。

CIMG6694aCIMG6698aCIMG6700a
7月14日夜 和歌浦道場 
猛暑日のこの日、夜になっても気温はそう下がらず。冷房の中で快適に練習できたと思います。

雨天

2018年07月08日
屋外スポーツでは常に天候のことも考えてしなければなりません。晴れていれば問題なくても、雨が降ればできないものもあります。多少の雨でも事情によれば雨天決行ということもあるでしょう。その点、空手のような屋内スポーツは雨が降っていても普通に“雨天決行”です。

しかしながら、大雨警報となれば話しは別。昨日は2道場の練習が中止となりました。先週は気温がそれほど高くなく、「暑さとの戦い」ではなく、「雨との戦い」でした。

7月と8月の2ヶ月間は各道場、原則として冷房機器のある施設が練習場所です。
CIMG6586aCIMG6588aCIMG6589a
7月3日 和歌浦道場 
今年の夏の練習場所の初日でしたが、気温が低く冷房なしでもやれたでしょうね。

CIMG6591aCIMG6593aCIMG6595a
7月4日 中央道場 
アリーナでの練習。隣の利用団体さんが途中まで冷房を使用しており、涼しさをあやかりました(笑)。
来週からは当会のみ全館利用で冷房を利用しますので、ご安心のほどを!

CIMG6601aCIMG6602aCIMG6605a
7月5日 河南道場 
この日、練習終了直後に大雨警報が発令。3時間早い警報発令なら中止にするところでした。

CIMG6609aCIMG6612aCIMG6614a
7月8日 河西道場
前日の7日(土)が大雨警報で中止になったため、急遽翌日曜日に代替。
出席者半分以下でしたが、2時間たっぷり練習できました。

合宿考

2018年07月01日
日本はこんなにサッカーファンが多いのかと思うほど、世間では「誰それ半端ない」などサッカーのワールドカップの話題一色ですね。そう言えば、4~5ヶ月前のほんの一時期「そだねー」とかいう言葉が話題になっていたような気もしますが(笑)、空手団体主宰の者にとっては日々の運営をしっかりすることだけであります。

でもって、直近の大きい行事は8月5日の“夏の日帰り合宿”こと、夏休み恒例の「4道場夏の合同練習」です。毎年7月下旬に行っていたのですが、今年は会場都合により8月上旬になりました。

当会の合宿は強制ではなく自由参加です。大手空手団体などは昇級審査会の茶帯以上の受審要件に合宿参加を入れ、どう見積もっても通常価格の5倍はするような高額の合宿費を徴収するようなところもあるようですが、当会はそんな阿漕なことはしませんので、ご安心のほどを!

現状、4道場生それぞれが普段顔を合わすことはほとんどなく、合宿以外では交流試合、昇級審査会のみです。交流試合は当然ガチンコでありまして、昇級審査会も組手の部で昇級をかけて原則他道場生同士の対戦としていますので、これまたガチンコ。その点、合宿は親睦を目的にしていますので、初心者から上級者まで誰でも気軽に参加できるものと思っています。

以下、本文とは関係ありませんが、先週の各道場の様子と6月の練習場所の“特徴”を書きます。
CIMG6544aCIMG6548aCIMG6549a
6月27日 中央道場 
窓が少なく梅雨時は湿度90%前後。暑いというより蒸せます…。

CIMG6553aCIMG6554aCIMG6555a
6月28日 河南道場 
4道場の練習場所で最も暑いのがここ。でもって、ここは冬でも最も寒いところでもあります(笑)

CIMG6561aCIMG6563aCIMG6567a
6月30日午前中 河西道場 
駐車場から少し歩かねばなりません。それだけで汗だくになったりします。

CIMG6572aCIMG6573aCIMG6575a
6月30日夜 和歌浦道場 
木々の中にあって、「害虫との共存」を迫られることも…。