本日 67 人 - 昨日 142 人 - 累計 55773 人 サイトマップ

代表挨拶

  1. HOME >
  2. 代表挨拶
代表 林 歳則
画像
    (写真は2016年9月撮影)
略歴
昭和61年 芦原会館関西本部入会
平成4年 初段
平成12年 和歌山同好会を設立しリーダーに就く
平成17年 弐段允許を機に和歌山支部認可、支部長に就く
平成19年3月 芦原会館を退会、同年4月に「和歌山空手道研究会(和空会)」をスタートさせる。
平成20年10月 河南道場を発足、旧和歌山支部は和歌浦道場と称する。
平成25年11月 市民体育館教室(河西道場)を発足
平成27年5月 県立体育館教室(中央道場)を発足し和歌山市内の4道場の指導者として現在に至る。
平成28年4月 捌斗流四段允許

略中、平成8年~10年、他流派も知る必要との観点から大手フルコンタクト空手団体にも入会し、閉鎖的な空手界で“タブー”視されている二重籍も経験。 最近では伝統派空手にも興味を持ち、当会をサバ キ源流としながらも総合空手研究会とすべく自身も勉強中。

略歴に書いておりますように和空会は元極真空手四国支部長・ケンカ十段こと芦原英幸先生によって興された流派 「芦原会館」の和歌山支部でした。2007年に退会し、より地元和歌山に密着し、護身性を追及し、日々の稽古に励むた めに作られた空手団体です。
空手というと、若い男性しかできないと考えられがちですが、当会では老若男女問わず(和歌浦道場以外は高校生以下)それぞれの目標「強くなりたい」「健康のため」等々に合わせて指導、サポートをさせていただいております。