本日 66 人 - 昨日 115 人 - 累計 85007 人

水分補給

熱中症になる原因の一つに水分補給不足があると言われます。高齢者の方が室内にもかかわらず熱中症で倒れるのは、喉が乾く感覚が加齢によって弱くなってきてこまめな水分補給をしないことが多いらしいです。

空手をしている我々はどうかと言いますと、運動をしますと汗をかきます。汗をかけば当然体内から水分が放出されているわけでして、喉の渇きにかかわらず「水分補給」をしなければいけないのは年齢は関係ないと思います。よって、当会では練習の休憩時間のインターバルに必ず水分補給するように指導しています。

そして、これは好みにもよるかもしれませんが、私は夏でも常温または温かい飲み物を摂るようにしています(このことは道場生には強要しませんし、できません。)。それは、冷たい水や炭酸水で水分補給をすると、すぐに喉の渇きが癒えてしまって水分補給が不十分となる恐れがあり、かと言って冷たいものを多く飲むとお腹に不調をきたすことが往々にしてあるからであります。

でもって、先週、私は昼間の仕事中、街中で喉が乾いて水分補給しようとしても自動販売機は当然冷えたものばかり。コンビニに入っても、「常温のは置いていません」と素っ気なく言われる始末。『常温のはスーパーに行くしかないのかよ!』と内心少しムカッとしつつ、隣接のスーパーに行くと売り場に常温のがあり、自販機では130円の缶コーヒーが半額で買えて、スグに気分が良くなった自分がいたのでした(笑)。

さて、先週、予想されたことではありましたが、未曾有の大雨の後に待っていたのはやはり猛暑の到来でした。

CIMG6625aCIMG6626aCIMG6627a
7月11日 中央道場 
この日から全館冷房使用。ミット練習も先週の2倍はできました。

CIMG6634aCIMG6638aCIMG6639a
7月12日 河南道場 
木曜日の毎年夏の練習場所にこの部屋を使用していましたが、
少し狭くなってきましたので、来週から広めの部屋利用で練習を行います。

CIMG6683aCIMG6688aCIMG6689a
7月14日午前中 河西道場 
この日、36度の猛暑日。色んな事情が重なり冷房の部屋が使用できず。
自由組手はできませんでしたが動きの正確さをチェックさせてもらいました。

CIMG6694aCIMG6698aCIMG6700a
7月14日夜 和歌浦道場 
猛暑日のこの日、夜になっても気温はそう下がらず。冷房の中で快適に練習できたと思います。

タグ: 水分補給
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):