本日 174 人 - 昨日 196 人 - 累計 81194 人

ネット考

私はこのようにブログはしておりますが、SNSで有名なフェイスブックはしておりません。厳密に言うと登録はしており、最初は「やる気」でありましたが、今は友達申請がくれば受ける、そして、空手の他団体先生方の“ブログ代わり”に時々拝見させていただく程度であります。

フェイスブックといえば「いいね!」でありますが、私は“友達”が少なく(笑)、「いいね!」を押す回数もそれに比例して少なく、最近では「良いこと書いておられるなあ」と思っても、筆不精ならぬ押し不精で「いいね!」を押す回数も極めて少なくなって、やや失礼しております(汗)。

私の知り合いには“友達”が1000人を優に超え、毎日友達が書いた文を読んだり「いいね!」を押すだけで1日に2時間もかかる者もいるようですが、何をしているのやら(笑)。まあ、人それぞれ趣味嗜好があり悪いとは言いませんが、振り回されている感がハンパない気がします。

私は友達申請が来れば受けると書きましたが、勿論「身元確認ができる人」であります。所在不明人物やいたずら目的が想定される申請は即却下。これは常識的に失礼でも何でもないでしょう。

しかし、2年ぐらい前に、こんなことがありました。ある空手団体の先生の友達の女の人、ここではXさんとしましょう。私に友達申請をしてきました。顔も見たこともない話しもしたことがない人物ですが、大会等ですれ違ったりしている程度はあったのでしょうか、その空手団体の先生とコメントのやり取りもしているようでしたので、友達承認をしました。

その後、気にもせずしておりましたが、半年ぐらいは経ってからでしょうか、気が付けばそのXさん私を友達から削除しておりました。Xさんのページに行ったことがなく、「いいね!」を押さないからなのか、削除理由など別に知る必要もないですが、自分から友達申請をしてきておいてであります。そんな人間と“友達”でなくてもどうでもいいですが、SNS上でも実に無礼で気分が悪い人物もいるものです。

逆に、かつてネット上で悪評の高い(失礼…)空手団体師範と実際にお会いし、話しをさせていただいたことがあるのですが、実際のその方は実に礼儀正しく人の話しをよく聞く好人物でありました。いくらネットが普及し、情報が多くなっても、こと人物に関しては、やはり実際に会ってみて初めて判断ができるものだと思います。

さて、当会春の入会キャンペーンを4月5月実施します。体験練習を希望される方または子どもさんの父兄の方、ブログを読むだけではわからない私の人物像(笑)、ネット上で見るだけでは得られない実際の当会の空手を体験していただければと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Check
タグ: ネット
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):