本日 10 人 - 昨日 213 人 - 累計 96825 人

普通の練習

2018年10月14日
10月8日の交流試合の翌日から普通に通常の練習を行いました。

以下、先週の各道場の練習風景とトピックスです。
CIMG7587aCIMG7584aCIMG7581a
10月9日 和歌浦道場 
交流試合会場でもあったこの施設で“連日登板”となりました。「だったら、何?」と言われればそれまでですが…

CIMG7589aCIMG7590aCIMG7594a
10月10日 中央道場 
練習開始終了時は「黙想(もくそう)」です。「黙祷(もくとう)」ではありません!
たまに大人でも間違っていることがあります。かつて私の先輩が「もくとぉ~」って(笑)。
また、交流試合表彰式時、不在だった子の「銅メダル表彰式」も行いました。

CIMG7595aCIMG7599aCIMG7600a
10月11日 河南道場 
この日はミット打ちに時間を割きました。参観の保護者の方いよいよ座布団が必要な季節になってきました。

CIMG7604aCIMG7606aCIMG7607a
10月13日 河西道場 
低い蹴りができても高い蹴りができるとは限りませんが、高い蹴りができれば低い蹴りは必ずできます。
よって、高い蹴りの練習をよりしっかりすることにしています。

当会の行事はもう年内にありません。次回の交流試合は3月にするつもりでいます。交流試合前に強化練習を行いますが、時間やメニューが少しハードになるにしても、普通の練習の延長です。強くなるのに特別な方法はありません。逆に言えば、普通の練習を続けていれば(勿論、個人差はありますが)、強くなれます。諦めることなく、根気よくコツコツと続けていきましょう!

第18回交流試合

2018年10月08日
本日は午前中に昇級審査会、午後からは第18回を迎えた交流試合でした。

まずは昇級審査会。39名が受審です。受審課目の組手の部は午後からの交流試合と統合です。
CIMG7443aCIMG7446aCIMG7450a
CIMG7454aCIMG7455aCIMG7462a
CIMG7467aCIMG7468aCIMG7474a
CIMG7478aCIMG7486aCIMG7494a
基本重視は毎回同じです。絶対的評価、相対的評価両方の観点から配点します。

そして、午後からの交流試合。秋のルールは掴みなしのフルコンルール。今回は当会87名の出場に加えて他の2団体さんの13名にも参加いただき、丁度100名の出場選手となりました。A・Bの2コートに分けての一発勝負のトーナメント戦です。
CIMG7504a

今回は2部構成です。第1部では幼年、ルーキー戦、中学生男子ワンマッチ決勝戦を行いました。たった1試合の“ファイナルマッチ”の2,3分のためだけに3~4時間待ちとかの他団体主催の大会もありますが、大病院じゃあるまいし(笑)、私はそういうのは好きではありません。
CIMG7513aCIMG7514aCIMG7515a
第1部表彰式の模様です。CIMG7524aCIMG7526aCIMG7528aCIMG7531aCIMG7535aCIMG7536a<<幼年年中クラス>>優勝・イジュン(中央)

<<幼年年長クラス>>優勝・山本(極真勇姿舎)、準優勝・コウスケ(河西)

<<小1女子ルーキークラス>>優勝・コウミ(河南)

<<小1男子ルーキークラス>>優勝・コウキ(河南)、準優勝・シヅキ(河西)

<<小4女子ルーキークラス>>優勝・リオ(河西)

<<中学男子クラス>>優勝・テンチ(河西)…前日に左手首負傷した中1テンチ(空手の練習中ではありません。念のため…)。強行欠場でした。総武会さん中2男子との激闘を制しました。「痛みに耐えてよく頑張った!感動した!おめでとう!」って…どこかで聞いたセリフですかね(笑)

第1部終了後第2部スタートです。
CIMG7542aCIMG7543aCIMG7545a
CIMG7547aCIMG7550aCIMG7551a
第2部表彰式の模様です。
CIMG7553aCIMG7556aCIMG7558aCIMG7559aCIMG7560aCIMG7562a
CIMG7565aCIMG7566aCIMG7568a
CIMG7569a
<<小1男子クラス>>優勝・サクタロウ(和歌浦)、準優勝・尾崎(極真勇姿舎)、3位・コウキ(河南)敢闘賞・石井(総武会)…接戦続きでしたが、サクタロウがよく粘りました。

<<小3女子ルーキー・小2女子クラス>>優勝・カンナ(和歌浦)、準優勝リノア(和歌浦)…同道場同級同士の決勝は少し先輩の貫禄を見せました。

<<小2男子クラス>>優勝・ユウイチ(河南)、準優勝・ダイ(河西)、3位・タイガ(河南) 樹林(極真勇姿舎)…ユウイチ得意の右上段廻し蹴りが決まりに決まりました。

<<小1女子クラス>>優勝・前(極真勇姿舎)、準優勝・コウミ(河南)…コウミちゃんルーキー戦に続いて金メダルとはいきませんでした。これからです!

<<小3・小4女子クラス>>優勝・ノドカ(和歌浦)、準優勝・ヒオリ(河西)、3位・ハナ(河南)敢闘賞・リオ(河西)…決勝もいい試合でしたが、一瞬の上段蹴りの技ありが勝敗を決めました。

<<小3・小4男女フリークラス>>優勝・カンタ(河南)、準優勝・カンナ(河南)、3位・角(総武会)敢闘賞・リョウガ(和歌浦)…このクラスに限らず男子選手についてはボディプロテクター着用は任意としています。カンタはずっと着用せずで優勝。打たれ強さも身についてきたようです。

<<小3・小4男子ライトクラス>>優勝・大河内(総武会)、準優勝・クオン(河南)、3位・コタロウ(河南) ヨシキ(河西)…3勝を挙げたクオン。必殺技「かかと落とし」冴えたかな?

<<小5・小6男女ライトクラス>>優勝・イッタ(和歌浦)、準優勝・ミオナ(和歌浦)、3位・ヨシキ(中央) トキカ(中央)…交流試合過去最高3位1回のイッタ。10回めの出場にて悲願の初優勝!

<<小5・小6男女ミドルクラス>>優勝・ノア(和歌浦)、準優勝・カノン(和歌浦)、3位・アイル(河西) シュウタ(和歌浦)…男女混合12名中女子は3名。3人に勝った男子1人もなしとは…。

<<小6男子フリークラス>>優勝・シュウマ(和歌浦)、準優勝・ミツキ(河南)…金的蹴り反則決着。女性にはわからないでしょうが(汗)、これが何と言いますか…。

今秋の交流試合も無事終了しました。選手の皆さんお疲れ様でした。お手伝いいただきました保護者の皆様もありがとうございました。長い一日でしたね。
CIMG7571a
追記。今年も黒帯女子中学生3人に副審で活躍していただきました。動体視力いいんですよね。羨ましい。ただ、くれぐれも今の若者に多い「スマホ老眼」にならないようにね!大きなお世話でしょうが(笑)

また台風

2018年09月30日
交流試合まであと1週間。次々と台風がこれでもかと言わんばかりに日本列島を襲い続けています。

昨日土曜日は雨でなければ和歌山市内のほとんどの小学校で運動会が行われるはずでしたが、生憎の雨。当会では『29日土曜日午前の河西道場は練習を行うものの、運動会のため殆どが欠席。よって、翌30日日曜日にプラス1練習日でその欠席者の未練習分を補う』と予定としておりました。

しかしながら、「雨なら休み」ではなく、「雨の場合は授業」という小学校もあり、出席者もまばら。おまけに日曜日は台風24号接近のためプラス1練習日を実施できず。河西道場の練習予定が大きく狂いました。

自然には勝てないものの、今年は台風や警報発令で練習中止が例年以上に多いです。なんとか来週の当会の交流試合の日は避けて欲しいものであります。

CIMG7393aCIMG7400aCIMG7403a
9月25日 和歌浦道場 
このクラス、結構な期間、茶帯が誕生していません。奮闘を期待しています!

CIMG7404aCIMG7408aCIMG7411a
9月26日 中央道場 
ここは唯一、今年、悪天候による中止がない道場です。

CIMG7415aCIMG7419aCIMG7425a
9月27日 河南道場 
交流試合出場率が高いこの道場。「強くなりたい」という気持ちが伝わってきます。一部を除いてですが…

CIMG7428aCIMG7432aCIMG7435a
9月29日 河西道場 
上記理由により、授業のある在校生は全員欠席。半数以下でしたが、強化練習と同じメニューをしました。

親愛なる皆様へ

2018年09月23日
唐突なタイトルですみません。当ブログでは私のプライベートなことを細かく書かないようにしておりますが、年末年始の挨拶ができないことや遠征試合に同行できない日もあることから黙っているというわけにもいかないかなと…。今回、このようなことを書くことをお許しください。

先週9月17日の夕刻、私の父がこの世を去りました。奇しくもその日は「敬老の日」。享年84。高齢で介護施設に入所しておりましたが、重篤な病気などはなく、要介護状態とはいえこの1ヶ月前までは健康状態も良く、先月末に体調を崩したとはいえ院長先生も生命の危険ということはないと言っておられた状況での急死の知らせでした。容態が急変したそうです。

前回のブログで少し書きましたが、その前週は土日の15,16日も仕事で多忙を極めており、おまけに各道場の通常練習プラス強化練習もあり、17日の祝日が久々の仕事も空手もオフの日でした。オフの日に亡くなるとは父は最後ぐらい私とゆっくり“面会”したかったのかもしれません。私が駆けつけたときは、既に到着していた兄達に囲まれ、今にも目を覚ましそうな非常に穏やかな顔で眠っているように見えました。

翌日18日火曜日は通夜。和歌浦道場の練習日でしたが、小川さんに代わりの指導をお願いし、19日告別式のあと斎場に向かい最後のお別れをし、夜は中央道場の練習に向かい普通にしました。以降、空手の練習も含め粛々と日々送っておりますが、涙は全く出てきません。

「いくつになっても親は親」と言います。厳しい父でした。私が世帯を持ち、別々に暮らすようになってからも、厳しいことを言っても最後はいつも私のことを心配してくれていました。あまり孝行息子ではなかったかもしれません。「親孝行したいときには親はなし」とも言います。私も偉そうなことは言えませんが、道場生の皆さん、親孝行しなさい。また、保護者の皆様も親御さんがご健在なら大切にしてあげてください。いつか、別れの日は必ず来るのですから…。

サイクル

2018年09月16日
春の交流試合がつい最近のことに思ったりしますが、1年2回のサイクルは早く、もう秋の交流試合の時期です。来月の交流試合は100名(他2団体の13名を合わせて)の出場者になる予定です。毎度申し上げていることですが、新規入会の方のために言いますと、交流試合は勝つにはこしたことはないものの、負けて悔しさを知り、強くなるために真面目にさらに練習をしっかりしていくことに繋げていくことが大事であります。

交流試合は1年1回では、平均在籍期間を考慮すればサイクルが長すぎというのが私の持論です。病気・ケガで欠場の場合次回出場には「結果2年空き」となるわけで、モチベーションの維持、伸び盛りの時期ゆえに1年に2回は必要だと思います。

空手を習う目的は人それぞれであります。試合等は興味なく、ただ単に体を鍛えるため、健康のためという人もいるでしょうから、それはそれで良しでしょう。

しかし、「強くなりたい」と考えているのに「もっと、強くなってから試合に出る」とか「帯色が上級に上がってから出る」とか言って試合出場を見送り続けている子もいます。「帯色が上級になったら試合に出さされる」と心配しているようですが、試合に出ずして強くなることや帯色が上級になることは絶対にありませんので、そんな心配は無用です(笑)。

さて、先週は暑さの戻りで「秋の練習」にしては結構キツかったと思います。以下、先週の4道場の練習風景とトピックスです。
CIMG7284aCIMG7290aCIMG7292a
9月11日 和歌浦道場
この施設の駐車場、台風により“崩壊状態”です。来場の際はくれぐれもご注意ください。

CIMG7294aCIMG7298aCIMG7301a
9月12日 中央道場
この日は他道場からの「出稽古」が多く、40名近くになりました。

CIMG7304aCIMG7308aCIMG7312a
9月13日 河南道場
4施設の中で、ここの暑さはダントツであります(笑)。Tシャツが多いのもわかります。

CIMG7317aCIMG7318aCIMG7322a
9月15日 河西道場
私事ですが、この午前の河西の練習終了後、即仕事で、夜の和歌浦道場の練習直前まで仕事。疲れました(汗)