本日 90 人 - 昨日 221 人 - 累計 106348 人

礼節の大切さ

2018年12月09日
秋の大会シーズンも終わりました。冬期期間中しばらくは大会のない月日が続きます。先週の奈良大会の“ルール”として両者有効ポイントがなく、技も互角の場合は声出しつまり気合が入っている方を勝ちにするというものでした。おそらくはそれが原因で敗退した選手もいたと想定しますが、他の大会なども互角の場合、ルールとして明文化されていなくても審判の主観で声出ししているほうに旗を上げるということもよく見受けられます。

また、声をしっかり出している選手は当然、「押忍」という挨拶も大きい声でし、礼節もしっかりしているほど強い選手が多いとも思います。やはり空手に対する思い入れ、対戦相手への敬意がそうさせているのでしょう。

当会についてはどうかというと、しっかり挨拶や返事ができている者もいれば、いない者もおります。私は自身を決して「エラいさん」だと思っているわけではないですが、私に挨拶や返事をしない道場生については注意しています。勿論、挨拶については生徒や後輩からすべきというものではなく、私から挨拶する場合も多いです。

練習開始時に道場生仲間が「押忍」と言って入室してきても、雑談したりして“無視”している者には厳重に注意します。特に黒帯、茶帯の上級者は見本になってもらいたい。後輩が勇気を持って大きい声で挨拶をしているのに、挨拶も返さないのが格好いいと思っているのが武道を長くやってきた結果だとすれば、これほど悲しく情けないことはありません。

私は道場生が大会で負けたことや、技が不出来なこと対して責めたり怒ったことは長い指導員生活で一度もありません。但し、礼節については今後も厳しく(武道では当たり前ですが…)していくことを改めて申し上げます。

以下、先週の当会の各道場の練習風景とトピックスです。
CIMG8179aCIMG8182aCIMG8184a
12月4日 和歌浦道場 
この日は12月観測史上初の夏日の気温でした。暑かったです。
なお、このクラス前述のとおり声出し、挨拶、返事が全くできていないので、何度もやり直しをさせました。


CIMG8185aCIMG8186aCIMG8188a
12月5日 中央道場 
膝蹴りは強力ながら素人でもできちゃいます。
しかし、「突き刺す膝蹴り」はそうできません。突き刺す膝蹴り練習をしました。

CIMG8189aCIMG8193aCIMG8197a
12月6日 河南道場 
2日前の「夏日」はどこへやら。雨が降り止むと一気に極寒到来でした。

CIMG8199aCIMG8202aCIMG8203a
CIMG8206aCIMG8210aCIMG8212a
12月8日 河西道場 
上段前蹴りの移動稽古。インパクトの瞬間、蹴り足も軸足も膝を曲げてはいけません。

今日は奈良市まで遠征試合、龍壱道場さん主催の第14回奈良ジュニアリーグ戦に行ってきました。当会からは9名の参加で、総出場者約300名の大規模大会です。
CIMG8141aCIMG8143a
4~5人でクラスを組んでのリーグ戦。クラス分け基準は団体代表の主観、つまりは当会では私から見て上はAランク(最上級)、順にB、C、D、E(初級)各ランクに入ってもらって他団体の“同レベル”選手と試合を行うというシステムです。
CIMG8149aCIMG8152aCIMG8161a
小6女子の最上級Aランクには当会2選手をエントリーしたのですが、結果的にノア(和歌浦)、カノン(和歌浦)の和歌浦道場生2人の同門決戦(写真上左・中)が優勝決定戦となったのでした。ノアは2年前Cランクに初出場優勝して、昨年Bランク優勝と毎年確実にランクを上げての“3連覇”は立派の一言です。

以下、入賞者です(順不同 ※は全勝)。
小6女子<Aランク>優勝…ノア(和歌浦)※
小6女子<Aランク>準優勝…カノン(和歌浦)
小6男子<Aランク>準優勝…ミツキ(河南)
小4男子<Dランク>優勝…ヨシキ(河西)
小5男子<Cランク>準優勝…ソウイチロウ(河南)
小5女子<Cランク>敢闘賞…トキカ(中央)
小4男子<Bランク>敢闘賞…カンタ(河南)
CIMG8163a
CIMG8169aCIMG8174aCIMG8176a
当会交流試合では敢闘賞は入賞に含みませんが、この大会では3位相当で入賞とのこと。7名が入賞と奮闘してくれました。「みんな、おめでとう!」と言いたいところですが、入賞ながらも結果に満足していない子もいました。そう!それでいいんです。空手に限らずですが、「もうこれでいいんだ。満足」と思ったらその瞬間に成長は止まります。さらに向上心をもって練習に励んで欲しいと思います。

予定

2018年11月25日
もう11月も終わりです。毎年この時期になれば「1年経つのは早いですねー」と必ずどこかで言っている気がしますが、あまりに“定番すぎる”ので、今年は言わないように心がけています(笑)。

さて、当会春の交流試合ですが、約4ヶ月後の来年3月21日(木・祝日)開催予定でほぼ決まりです。10月に同日開催とした昇級審査会は次回は別の日、交流試合に先立って2月に行う予定ですが、こちらのほうは未だ日時は決まっておりません。

例年通りと言いますか、「年末だから」または「年始だから」と特段の行事はしない予定です。日々の練習の積み重ねをしっかりとしていくだけだと思っています。

以下、本文と直接関係ありませんが、先週の当会の各道場の練習の様子・トピックスです。
CIMG8101aCIMG8105aCIMG8106a
11月21日 中央道場 
ここは低年齢の道場生が多く、まずは用語・言葉の理解からです。

CIMG8111aCIMG8112aCIMG8115a
11月22日 河南道場 
開設時10年前、4歳の年少さんだった子が現在は中学2年の黒帯です!

CIMG8117aCIMG8119aCIMG8128a
11月24日午前 河西道場 
上段廻し蹴り所謂ハイキックをピシッ!とする練習を中心に。やっぱり柔軟性が大事ですよね。

CIMG8130aCIMG8133aCIMG8135a
11月24日夜 和歌浦道場 
基本の号令を早めにしました。初級者の子は付いてこれたかな?

今冬寒さ対策

2018年11月18日
いよいよ冬到来ですね。宮澤賢治の有名な詩「風ニモマケズ」がありますが、これから3~4ヶ月ぐらいは「風邪にも負けず」になるのでしょうか。

当会、防寒対策として2年前までは私が電気ストーブ2つを火気持ち込み禁止の小学校体育館を除いて各道場練習場所に持参しておりましたが、昨冬から持ち込むことを止めました。今年もその方針です。

止めた理由は荷物が多くなるからとか、ましてはケチっているのではありません。各道場練習を参観をされている親御さん方をよく見ると、なぜだか、決めているわけではないのに“決まった場所”にお座りになる傾向があります。つまるところ、私は電気ストーブの置き場所に困ってきたわけであります(笑)。

例えば、電気ストーブをある場所に置いたとします。そこはある親御さんの座る“定位置”だとしましょう。他の場所に座るのを常とする方から見れば『先生、あの子のお母さんにだけサービスしてる~』とか思われはしないかなと…。考え過ぎかもしれませんが(笑)、私自身はその立場ならそう推測してしまう人間でありまして(汗)、若干ニュアンスが異なりますが「李下に冠を正さず」。電気ストーブ持参を止めました。

ただ、親御さん個々にご自身が電気ストーブを持ち込むことは可能で、防寒対策として各自持ち込むことは構いません。延長コードは各施設無料利用できます。コンセント使用料は市営施設なら無料、県営施設なら有料ですが、有料の場合、各自使用分ご負担いただくことにして、あくまで公正に運営して参ります。

なお、寒さゆえ体調不良を訴える子どもさんについては参観されていない親御さんの場合、即お迎えにきていただきますので、携帯電話は練習時間中常時お持ち願います。熱があったりお迎えまで時間がかかるときは施設の職員さんがじっ~と在室している暖房の効いている事務室で待ってもらうにしましょう!じっ~と在室の職員さんがいかに多忙とはいえ(笑)、それぐらいは承諾してもらえるようお願いはしますのでご安心ください。

さて、先週は当会各道場合わせて7回練習がありました。その練習風景とトピックスです。
CIMG8032aCIMG8035aCIMG8038a
11月12日 河南道場 
月曜日クラスは多くないのですが、その分しっかり見ます!

CIMG8043aCIMG8045aCIMG8047a
11月13日 和歌浦道場 
黒帯、茶帯諸君の気合のなさに注意しました。挨拶、返事、声出しに上級者初心者関係ありません。

CIMG8049aCIMG8051aCIMG8053a
11月14日 中央道場 
また連絡しますが、12月後半はこの施設臨時休館のため使用できません。
夏の河西道場もそうでしたが、公共施設にはこれがあるんですよね…。

CIMG8057aCIMG8059aCIMG8063a
11月15日 河南道場 
開設丸10年を迎えた河南道場。
この写真に写っている“チビッコ”達も10年後には私の身長を抜かしてるんでしょうね~

CIMG8065aCIMG8068aCIMG8072a
11月17日午前中 河西道場 
土曜参観のため欠席多かったです(仕方ありません)。
しかし、当然ながら1人以上道場生がいれば通常通りの練習です。

CIMG8073aCIMG8079aCIMG8083a
11月17日夜 和歌浦道場 
体軸重視の練習しました。前蹴上げのとき蹴上げの足、軸足いずれも膝を曲げないことが大事です。

CIMG8091aCIMG8092aCIMG8094a
11月18日夜 河西道場 
プラス1練習日。河西道場では珍しい「ナイター」での実施。前日お休みの人は練習不足解消です。

参観

2018年11月11日
今週末の17日土曜日は市内の小学校で土曜参観のところが結構あるようです。よって、土曜日午前中に練習を実施している河西道場については翌18日日曜日の夜に「プラス1練習」をします。個人的事情による休みの場合は、特段に対応はしませんが、土曜参観のような時間が重なり物理的に出席不可能の“公休”となれば話しは別。別途練習日を設ける等の対応をさせていただくことにしております。

保護者参観となれば、学校の先生も普段厳しいのが、その日に限って急に優しくなったりするのでしょうか(笑)。

こと当会の練習中の保護者の方の参観については自由ということにさせていただいていますが、保護者の方が参観されているからといって私はその子どもさんに対して“優遇”することはありませんし、参観していないからどうこうということも当然ありません。

以前、ある親御さんから私のことは凄いと言ってもらえたことがあります。何が凄いのかって「前に習っていた空手の先生はお父さんやお母さんが見にきている子どもさんには練習態度が悪くても絶対に怒らないんです。怒られているのは親が見にきていない子どもさんだけでしたので…。」つまり、練習態度が悪いときには親御さんが見に来られていても関係なしにその子どもさんに怒る私が凄いというのです。褒めてもらって何ですが、お褒めいただくことではなく、どう考えてもこれが普通でしょう(笑)。

参観していただくことで子どもさんを特別扱いするようなことはありませんが、全く参観されない親御さんについてはお迎えのときの10分でもいいので、参観してもらいたいとも思います。子どもさんの「立ち位置」がわかるでしょうし、見られていることで、子どもさん自身もしっかりやらねばと思うはずであります。

さて、先月の昇級審査会において即合格を果たした道場生の記念写真です。
(順不同。撮影時欠席者は除きます)
CIMG7691aCIMG7710aCIMG7776a
CIMG7784aCIMG7673aCIMG7816a
CIMG7849aCIMG7869aCIMG7924a
CIMG7948aCIMG7729aCIMG7812a